理事長声明

 この度の西日本豪雨災害に際し、お亡くなりになられた方に対しては謹んでご冥福をお祈りします。また、被災された方及び現在も避難生活をおくられている方に対しては、心よりお見舞い申し上げます。

 私たちが活動させていただいている周南、下松においても、この度の豪雨により一部河川の氾濫や土砂崩れだけでなく、これらに伴う死者や負傷者が出るといった甚大な被害が生じ、現在も道路の不通や断水、浸水によりこれまでの日常生活が困難となっている地域が少なくありません。

 このような困難な状況の中で、我々周南青年会議所はとしては、日本青年会議所、中国地区協議会及び山口ブロック協議会と連携をとりながら、各地の物的・人的支援に取り組み、被災地域の復興を牽引していく所存です。

 すでに、山口内で特に被害の大きかった岩国市全域、周東町及び玖珂町において、山口ブロック協議会を主導として県内全13の青年会議所の会員が、土砂撤去のボランティア活動を開始しております。

 最後となりますが、被災された地域及び住民の方の1日も早い復旧をお祈り申し上げます。

以上 

公益社団法人周南青年会議所 

理事長 近藤 準