委員長 松村 彩子

我々JC は明るい豊かな社会の実現に向け、次代を担う青少年の健全育成に尽力することを使命と考えます。また、周南・下松に住む子どもたちが地域の魅力を感じてもらうことで自分の住む町に誇りを持ち、地元のすばらしさを次世代に伝播していくことも我々の重要な責務です。そこで本年度青少年育成委員会では、「コミュニケーション」、「地域」をテーマに未来を担っていく子どもたちのための事業を展開していきます。

かつての多くの子どもたちは、仲間とともに自然の中で遊びながら、あるいは、地域において生活、成長していく過程で、様々な自然体験・社会体験を日常的に積み重ねて成長していました。しかし今の子どもたちは、親戚や異年齢の子どもたち、地域の人たち等との「ナナメの関係」が希薄となり、子どもたちの人間関係能力 が低下しているという深刻な事態に直面していると考えられます。現代社会において、青少年の「生きる力」 を育む
ためには、意識的に、目標を持って体験活動等にチャレンジする機会を創出する必要があります。体験活動は教育的効果が高く、幼少期から青年期まで多くの人とかかわりながら体験を積み重ねることにより、「社会を生き抜く力」として必要となる基礎的な能力を養うという効果があり、社会で求められるコミュニ ケーション能力や自立心、主体性、協調性、チャレンジ精神、責任感、創造力、変化に対応する力、異なる他者と協働したりする能力等を育むために不可欠です。この問題を課題とし、子どもたちには多くの人と関わりを持ち、体験活動を通して一緒に時間を過ごすことのできる内容の事業を行いたいと思います。

委員会スローガン『教学相長』の下、人に教えるということは、自分の知識にもなるということを認識して活動していきます。また、「JC だからこそできる事業」を行いたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

[事業計画]

・7 月青少年事業(案)

・9度例会の企画設営